☆注目の家庭菜園☆ 2002/4/23(火)

春らんまんですねぇ〜っ(^^)

本当に葉っぱが出てくるんかぃ...と思っていた我が家のシンボルツリー群も

それぞれ新芽から葉っぱが出てきましたし、

『さいたぁっ さいたぁっ チューリップのはながぁっ...♪』

の歌のとおりに、黄色の順番に植えたチューリップも無事咲きました。

 

我が家の庭造りも...

【フェーズ1】取りあえず花壇を作ろう!

で、4カ所の花壇(カツラ下、リョウブ下、ライトフル前、歩道際)を造り、

【フェーズ2】春に咲くチューリップを植えよう!

で、歩道際の花壇に球根を植え、

【フェーズ3】融けた霜柱の泥濘をなんとかしよう!

で、枕木を並べて通路を造り、

【フェーズ4】野菜を作ろう!

に突入して参りました(笑)

 

野菜を作る菜園エリアには、外構工事の時に残していってもらったになってます。

我が家の子供たちや、近所の子供たちにとっては泥遊びにちょうど良い高さで、結構賑わっております(笑)

『おとうさん、菜園造るのに、あのなんとかしないとぉ...』

『なんとかっていっても、あの土さぁ、どこに持っていけっていうのよ...とほほほっ』

ってな訳で、スコップ1本でやらなきゃいけない肉体重労働を考えると、なかなか踏ん切りが付かなかった訳です。

 

ところが、土曜日の夕方にホームセンターに買い物に行き、ついでにちょっと

花木センターを覗いてしまったのがの付き...

『あっらぁ〜 野菜の苗がこんなにたくさん売ってるわぁ!』

『ほんとだぁ、これってさぁ、買っておかないと無くなっちゃうんじゃない!』

回りのお客さんを見ると、みんなどんどん買っていくんですよ。

『やっぱ、家庭菜園といえばトマトでしょ...ナスもいいわよねぇ...ピーマンとか簡単そうだしぃ...』

ってな訳で、回りの雰囲気と嫁の独断で買ってしまったのですよ...。

トマト苗2本、ナス苗8本、ピーマン苗4本、ブロッコリー苗4本、キュウリ苗4本、レタス苗4本

(おいおい...(^^;;  )

 

翌日曜日...

朝食前から張り切って菜園造りを開始しました。

やはり菜園といえば畝(うね)が基本でしょう...という事で、我が家のから土を移動し、長方形の畝を1本作りました。

入っている石を取り除きぃのの、肥料を入れぇのので、なんとか形がつきました。

『...なんか、この長方形の畝さぁ、お墓みたいね...』

『う〜ん、確かに...普通の畑だとこんな短い畝はないからなぁ...』

『家庭菜園だとこんなものなのかしらねぇ...』

『それにしてもさぁ、あの土のにくっつけなくてよかったよ...くっつけていたらまるで前方後円墳(笑)

 

そして、いよいよ植え付けです!

片っ端から、ところ狭しと植え付けます。

『う〜ん、初めてにしては、よい菜園が出来たわい。』

と一人満足して眺めていると、

我が家の前を赤いトラクターが止まった。

すると運転していたおじいさんが、でっかい声で、

『これじゃ、ダメだよぉっ。も〜っと間を開げねぇとナスもキュウリもなんねぇよぉ。』

『はぁ、そうっすかぁ...』

『悪いごど言わねぇ〜がら、もう1本畝作って、間隔開げなっ』

午前中の菜園造り重労働で、すでに足腰の疲労がピークになっている僕に、衝撃の助言です。

でも、赤いトラクターのおじいさんのせっかくの助言です。

無視するわけにはいきませぬ...

さっそくもう1畝作り始めました。

うぉ〜っ

もう勢いだけで、体を動かします。

足も腰もくたくたの状態で、ナス&トマトの畝と、ピーマン&キュウリ&ブロッコリーの畝に分けました。

『こ、これで大丈夫だろぉぉっ(感涙)

 

 

翌月曜日...の夕方...

『ただいまぁ〜っ! 我が家の野菜たちは元気に根付いているかぃ?』

『それが、今日も大変だったのよぉぉ〜』

『ん?どうしたん?』

『今日はね、また別のおじいさんがやってきてね、「昨日やってんな〜っと見てたんだけど、これじゃ間隔が狭いなぁ」って...

さらに、違う奥さんもやってきてね「2つの畝にしたのね!でも、も〜っと、間隔あけないとなりが悪いわよぉ」って...』

 

がびぃ〜ん!!

 

我が家の家庭菜園...近所の方々の注目度ナンバーワン(笑)

『...今度誰か来たらさぁ、水やりとか肥料やりとか、気が付いたらやっていって下さいって言っといてよ...(^^;;;; 』

家庭菜園のお陰で、ご近所のみなさんとのコミュニケーションが深まりそうです(^^)

 

 


広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー