☆不安な点はどうぞ☆ 2001/6/10(日)

建方工事の仕上げと瓦葺き工事の準備作業ってことで、先週は毎日作業が行われていました。

建方工事の方は、家の壁のコーナー部分が取り付いて、ぐるりと家らしい形になり、ルーフバルコニーも付きました。

そんでもって、屋根の方は、防水シートが張られて、瓦をのせるための木が取り付けられました。

日曜日は、工事がお休みなんで、現場をじっくりと見物できます。

今日は、嫁さんの実家の両親も現場を見物に来てくれました。

子供たちは、庭で早速どろ遊び(笑)

きっと引っ越したら、毎日どろ遊びなんだろうな〜(^^;;

 

回りにぐるっと網養生シートで囲まれているので、なかなか全体を見回すことができなかったんですが、壁の様子を見ながら足場のへりをぐるりと回ってみました。

あぁぁ!ここ壁がちょっと削れてるぞぉぉ

『あっ ほんと!』

リビングの窓のとこの壁がちょこっと削れているのを発見してしまいました。

やはり、クレーン作業とか、足場組立とかの工事をやってりゃ仕方ないのでしょうか...。

 

家に戻って、早速現場監督の藤さんに電話しました。

『...という訳なんですよぉ〜』

『当然、注意して工事してますが、仕方ないですよね。でも大丈夫です!現場に補修セットが送られているので、それはそれは綺麗に補修できますから。』

『自動車の板金みたいにですかぁ?』

『検査も、建方工事が終わった時点と、足場を解体した時点で、私が見ますから。』

藤さんのその言葉を信じて、完成を待つという感じです。

 

『その様な細かい不安な点はその都度連絡して下さい。』

という言葉もきっとSハウスマニュアルだと知りながらも、嬉しくなっちゃうもんですね(^^;;

 


家の中はこんな感じです。


瓦を上げる前の外観、よく分からないか(^^;;

 


広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー