☆埋設配管工事☆ 6/24(日)

大工工事が始まって、家には鍵が掛けれらるようになったので、日曜日に現場に行っても家の中に入れないんです(; ;)

昨日までに、上水配管と給湯配管、それから下水配管の室内の布設工事が終わってました。

今どきの上水配管と給湯配管って、まるでゴムホースみたいな配管なんですね。

床下に大蛇みたいに這い回っているんだけど、耐久年数とかどうなんだろう?

上水配管は水色、給湯配管はオレンジ色に区別してあって、ヘッダーからの行き先もちゃんと記入されてます。

下水配管も立ち上がってました。これは一般的な塩ビ配管です。

 

エアコンも予め配置することにしているので、配管は壁の中あるいは床の下に這わせます。

後付のエアコンだと、外壁側しか取り付けられないし、エアコンの配管が外壁の見える場所を這ってしまうので、金額が若干高くてもビルトインがお勧めですね。

 

埋設配管が終わって、どんどん床の下地板コンパネが張られていきました。

『昔だと床梁に直接、床材を張っていくんだけど、コンパネ張ってるから丈夫だよぉ』

と、大工さん。

床の下地板には、断熱材が取り付けられていてそれを張っていくのです。

それにしても、床用の梁も鉄骨になってしまっているので、ちょっとびっくりです。

『数年前から、床梁も鉄骨になっちゃったんだよねぇ。これだと腐るとことが全くないからいいよ。』

と、大工さんは言ってましたけど...。

思わず、

『木より鉄骨は安いんっすかねぇ〜(^^;;』

と、聞いてしまいました...。

 

今日は、新しく出来た水戸赤塚の住宅展示場に行ってきました。

展示場の愛称募集とかやってて、採用されれば賞金5万円!

当然、考えて考えて2枚投票してきましたとも...。

外構とか参考になるかと思ったんだけど、やっぱり展示場は、これでもかというほどグレードの高いものばっかしで、目の保養にはなるけど、参考にならん!

 


水色オレンジ色は保温材の色ですね。


エアコン配管は外壁からこんな感じです。

 


広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー