☆内壁は着々と☆ 2001/7/13(金)

今週はひっじょう暑いです。

今日なんかも外気温が35℃ぐらいになっているので、工事現場も灼熱地獄でしょう。

大工さん、ご苦労さまです。

 

昨日の夕方も現場に行きました。

そしたら、懸案の交換する特注外壁が届いていました。

『おっ やっと交換する外壁届きましたねぇ。』

『えぇ、なんかいつの間にか置いてあったんっすよ。』

『あら、大工さんの知らないうちに届いてたんですか?』

『えぇ...』

と、なんだか物の納品とかずいぶんいい加減なもんだなと思いながら、その外壁をしげしげと見てみると、

ぎゃぁぁぁ! 目地の途中でカットされてるぅぅ。

そうなんです。

このせっかくの特注外壁をそのまま交換すると、横目地が揃わない、中途半端な横目地が増えてしまうことになってしまうのです。

 

さっそく、設計の原さんに電話を掛けて、状況を報告しました。

すぐに現場監督にその外壁を取り付けないように指示します。

という事で、どうするかまた検討することになりました。

 

そんなドタバタもありますが、家の中は着々と工事が進んでます。

1階の各室は、壁の石膏ボードが貼られていて、天井の石膏ボード貼りを残すのみといった感じですね。

2階の方は、吹き抜けに付いているトップライト(天窓)の回りの細工が完了してます。

子供部屋の収納は、大工さんの施工ミスのお陰で、クローゼット部に壁が出来て、強度も増しました(笑)

 

あっそうそう、2階への階段も化粧手摺りの設置を残して出来上がってます。

もう梯子を使わなくても、2階に上がっていけます。

合理化の嵐作戦で、この階段の化粧手摺りを片方だけにしちゃった訳だけど、やっぱ両方欲しかったかなぁ?

今さらなんだけど、ちょっと残念に思ってたりします、はい。

 

 


広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー