☆バッドタイミングな人☆ 2001/7/27(金)

今日は講習会のための外出勤務で、帰りが早かったのでとっとと現場に直行しました。

 

玄関を見ると、玄関ポーチのタイル貼りが完了してました(泣)

あれぇ?外構工事の設計が終わるまでストップ掛けていたのにぃ?

 

電気温水器も設置が終わっていて、その回りの電気工事も配管工事も完了してました。

電気の引き込み線の布設も完了し、後は東電さんの工事待ちという感じ。

あれぇ?深夜電力利用の場合って電力計が2つになるって聞いてたんだけどぉ?

 

家の中では、電気屋さんが照明の取付工事をやってます。

悩みに悩んだ照明器具...う〜んなかなかシンプルでいいじゃん!

と、上機嫌で、ふとリビングの天井を見ると角型シーリングが付いているのです。

あれぇ?埋め込み引っ掛けローゼットを付けることにしたはずなんだけどぉ?

 

う〜ん...と唸っていると、これまたバッドタイミングに営業の清さんがやってくるのですよ(大爆笑)

『こんにちはぁ!』

『あらあら、清さん今日も来たんですかぁ...バッドタイミングですよ...』

『...(絶句)...』

どうも、僕の不具合発見のタイミングに現れてしまう清さん...そういう星の下に生まれた人って居るんですよねぇ(笑)

 

その清さんは、

『...実はですね、住まいの参観日なんですが、やはりダメですか?』

『えっ』

『上司が図面を見てですね、このような吹き抜けの空間の多い間取りは素晴らしいので、是非お貸し願ってこいと言いまして...』

Sハウスさんのためにとは思ったんですが、

『申し訳ありませんが、お断りさせて頂きます。』

だって、最初の切り出しが、このエリアに住まいの参観日ができるような完成した家がないので是非という話しだったんですもん。

いまさら、間取りをおだててもらってもねぇ(^^;;

 

営業の清さん、まだまだチミは若いな...

 


ストップしていた玄関ポーチが完成(; ;)


電力計は1つでいいの

 


広告 [PR]  ダイエット キャッシング わけあり商品 無料レンタルサーバー